暗号資産(仮想通貨)を触ったことがある方でドージコイン(DOGE)に使われている犬のアイコンを見たことがないという方は少ないと思います。実はこのアイコンに使われている犬は日本に実在する「かぼすちゃん」という柴犬だということはご存じでしたか?

この記事ではかぼすちゃんがなぜドージコイン(DOGE)のアイコインになったのかと、かぼすちゃんの持つ魅力について紹介していきます。

かぼすちゃんについて

かぼすちゃんは日本の千葉県に住んでいる柴犬の女の子です。生まれてから数年間はブリーダーの元で繁殖犬として生きていました。ブリーダーの倒産によって動物愛護センターに捨てられ、殺処分される直前に現在の飼い主である、かぼすママに保護されました。

保護されたばかりのかぼすちゃんはブリーダーの元での劣悪な環境のためか、同じ部屋にいても存在を忘れてしまうほど大人しく、息をひそめて生きているという状態でした。

かぼすママの家族によるお世話の甲斐あって、今では甘えん坊のかぼすちゃんとなりました。

DOGEモデルのかぼすちゃん1

かぼすちゃんのミーム化

かぼすママが日々発信するブログ【かぼすちゃんとおさんぽ】で徐々にファンを増やしていったかぼすちゃんですが、2010年に投稿された1枚の写真がきっかけとなり爆発的に知名度を伸ばすこととなりました。その写真が皆さんもご存じのかぼすちゃんがソファーの上で手をクロスさせ、流し目でこちらを見ている姿です。

DOGEモデルのかぼすちゃん2

海外では柴犬の写真に装飾をして発信する掲示板コミュニティが存在し、ネットミームとして親しまれています。その中でもかぼすちゃんの愛くるしい姿は世界中のネット掲示板で人気となりました。ネットミームとしてのかぼすちゃんの姿は特に深い意味を持たず、かわいさ・面白さに重点を置いたものが流通しています。

過去にはコカインを常用していたカナダのトロント市長を面白く皮肉るために使われたり、アメリカの上院議員がかぼすちゃんのミーム画像を使ってプロモーションを行うほ海外のインターネット上では一般的に使われる素材となっています。

ドージコイン(DOGE)

2013年以降は、掲示板上のミームとしてだけではなく、ドージコイン(DOGE)のアイコンとして使われることにより日本国内でも「かぼすちゃん」の認知度が急激に増すこととなりました。

特にアメリカの起業家であるイーロンマスク氏はドージコイン(DOGE)の大量保有者として噂されており、彼の発信するSNSには彼自身が飼っている柴犬の「フロキ」がたびたび登場しており、その度にドージコイン(DOGE)と関連付けられ価格の高騰を招きました。

彼がTwitter社を買収した際にはTwitterのアイコインである青い鳥のマークがドージコイン(DOGE)のアイコインであるかぼすちゃんに変更されるという出来事もありました。

暗号資産(仮想通貨)を知らない人々の目にもかぼすちゃんアイコインは映っており、「あの犬はなんだ?」とニュースに取り上げられる騒ぎとなりました。

ドージコイン(DOGE)のアイコンとなったかぼすちゃんは「世界一有名になった犬」として海外メディアや日本のテレビでも取り上げられるようになりファンを増やしています。

暗号資産・仮想通貨 ドージコイン(DOGE)の特徴と仕組みを紹介!!

かぼすちゃんの家族

【かぼすちゃんとおさんぽ】ではかぼすちゃんの日常や家族との触れ合いを見ることができます。かぼすちゃんには猫の弟・妹がいて毎日仲良く暮らしています。

かぼすちゃんと兄弟

弟妹もかぼすちゃん同様に保護猫や拾い猫として家に迎え入れられましたが、家族の愛情を受けて大きく育っています。それぞれ、つつじちゃん、ぎんなん君、オニギリ君が仲良く暮らしており、姉であるかぼすちゃんとの4ショットも見ることができます。

日中は弟妹と昼寝をしたり、盗み食いなどのいたずらをして過ごしています。

チャリティ活動

ドージコイン(DOGE)のコミュニティはチャリティ活動に積極的であるという特徴があります。

2014年の冬季オリンピックでは、資金的な問題で出場が難しかったジャマイカのチームへの募金活動を開催しており、当時のレートで36,000ドルが選手に寄付されました。

この出来事を皮切りにかぼすママを中心に「かぼす基金」が設立され、動物保護団体への寄付が行われています。

2021年にかぼすママはチャリティオークションで公式のかぼすちゃんNFTを発行しており、4億7000万円で落札されています。このお金はかぼすママの意向により、あしなが育英会や赤十字、海外の学校建設の費用として利用されています。

まとめ

かぼすちゃんは保護犬から世界で最も有名な犬として様々な場面で目にする存在となりました。

ドージコイン(DOGE)によるチャリティ活動のシンボルとしても愛される存在のかぼすちゃんですが、皆さんも【かぼすちゃんとおさんぽ】を見て応援してみてはいかがでしょうか。

記事作成協力
かぼすママ
【かぼすちゃんとおさんぽ】https://kabochan.blog.jp/

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。