アバランチ(AVAX)とは 

アバランチ(AVAX)の基本的な情報は以下の通りです。 

名称/ティッカー Avalanche/AVAX
開発者CAVA Labs, Inc.
発行上限720,000,000AVAX
コンセンサスアルゴリズムPoS (Proof of Stake)
公式サイトhttps://www.avax.network/ 
ホワイトペーパーhttps://www.avalabs.org/whitepapers 
AVAX基本情報

アバランチ(AVAX)とは、Dapps(分散型アプリケーション)やカスタムブロックチェーンネットワークを構築する際のプラットフォームとして開発されており、イーサリアムチェーンに対抗している暗号資産の1つです。 

Avalancheネットワークでは複雑なコードを必要とせずに新しいトークンの開発が可能なツールが搭載されており、コミュニティでは頻繁にイベントが開催されるなど活動的なプロジェクトとなっています。 

個別ブロックチェーン

アバランチ(AVAX)はブロックチェーンの構造的なスケーラビリティ問題を解決するために開発が開始されました。イーサリアム(ETH)のように拡張性を備えつつ、トランザクション性能を落とさない設計のためにアバランチ(AVAX)では独自のアーキテクチャを搭載しています。

Avalancheネットワークは「X-Chain」、「P-chain」、「C-Chain」の3つの個別のブロックチェーンで構成されています。それぞれのチェーンには異なる目的があり、従来のビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった暗号資産とは根本的な違いがあります。

アバランチチェーンマップ

X-ChainはDAG(Directed Acyclic Graph)構造と呼ばれるブロック1つに対し複数のブロックが繋がることでトランザクションの並列処理による高速化を実現しています。 

P-Chainはサブネットの作成が可能で、アバランチ(AVAX)にとっての拡張性を司るチェーンです。サブネットによる拡張性能の分散化によりAvalancheメインネットへの負担軽減を果たしています。 

C-ChainはSnowman Consensus Protocolというトランザクションに順番をつけて直線的な処理を行う合意形成手段を採用しています。 

ブロックチェーン上で展開されるサービスは膨大な量のデータを扱うものが多いため、3つのチェーンがそれぞれ最適なシステムを提供するための特性を持っています。 

アバランチ(AVAX)のエコシステム

アバランチ(AVAX)にはその拡張性の高さからエコシステムの開発が盛んに行われています。特にDeFi(分散型金融)のアプリケーションに関しては「AAVE」や「Curve」といった大型プラットフォームの誕生などで勢いを増しています。

ハッカソンイベント

開発チームのAVA Labs, Inc.ではハッカソンイベント(アバランチサミット)を世界中で開催しており、2022年に行われたイベントでは総額6億円以上の賞金が配当されたことにより開発者の関心が高まりました。トランザクション性能の高さと汎用性に優れたネットワークであることから開発者によるエコシステムの拡大が急激にすすむプロジェクトとなっています。 

イーサリアムキラー

アバランチ(AVAX)は「イーサリアムキラー」とも呼ばれています。 

現在、DeFiをはじめとしDapps(分散型アプリケーション)の開発基盤としての注目が増しており、これまでのDapps開発で主に用いられてきたイーサリアム(ETH)を追い越すのではないかとされています。 

また、C-Chainに実装されているEVM(Ethereum Virtual Machine)によってイーサリアム(ETH)との互換性がある点から、今後イーサリアムネット上のプロジェクトがアバランチ(AVAX)へ進出する可能性もあります。現在はDeFiの開発が目立っていますが、今後ライトユーザーが流入するサービスの拠点が開発されればイーサリアムの立場を脅かす存在となるかもしれません。 

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。