ボバ(BOBA)とは

名称/ティッカー  Boba Network/BOBA 
開発者  Enya 
発行上限  500,000,000BOBA 
コンセンサスアルゴリズム  PoS(Proof of Stake) 
公式サイト  https://boba.network/ 
ホワイトペーパー  https://docs.boba.network/ 
ボバ(BOBA)基本情報

 ボバ(BOBA)はイーサリアム(ETH)のレイヤー2コードから派生した暗号資産です。 

暗号資産にはトランザクションごとにデータが蓄積して積み重なっていくスケーラビリティ問題がありました。ボバネットワークはスケーラビリティ問題を解決するためのレイヤー2ソリューションを実行するためのプロジェクトとして開発されました。 

まだ比較的新しい暗号資産ですがレイヤー2トークンとしては開発が活発に行われており、今後のユースケースの展開に期待が持てると言えます。 

ボバ(BOBA)の特徴、仕組み 

BOBAイメージ

暗号資産の活用の幅が広がるとともに、取引手数料の高騰や決済時間の遅延などブロックチェーンならではの問題が表出しています。特にイーサリアム(ETH)はブロックチェーン容量が不足することでスケーラビリティ問題という現象が発生していました。 

この問題の解決方法の1つであるOptimisticというレイヤー2ソリューションから派生したのがボバネットワークとなります。ボバ(BOBA)はネットワーク内で分散型ガバナンスを提供する際に使用されるガバナンストークンの1種です。 

イーサリアム(ETH)のレイヤー2として開発されたボバ(BOBA)はイーサリアムネットワークよりも遥かに低いコストで取引が可能となっており、Dappsの構築にも利用できることから他のレイヤー2トークンと比べて高い流動性を保っています。 

DAO(自律分散型組織) 

ボバネットワークではDAO(自律分散型組織)を採用しています。ネットワークの運営方針を決める投票にガバナンストークンであるボバ(BOBA)が用いられ、保有量に応じて投票権が得られる仕組みをとっています。 

DAOの最大のメリットは、ネットワーク内の意思決定プロセスに透明性があり公平に行われることにあります。参加者は対等な立場で運営されるため意思決定の際には自分の意見を発信することが可能となっています。 

しかし全員参加型の投票システムを採用しているDAOは意思決定までにかかる時間が長いことや、ガバナンストークンの保有量による影響力の差など課題も残る仕組みです。 

ボバ(BOBA)のエコシステム 

エコシステムイメージ

ボバ(BOBA)はイーサリアム(ETH)のレイヤー2トークンとして特に注目を集めるプロジェクトの1つです。エコシステムのパートナーとして世界中の暗号資産・Web3プロジェクトが参加しており、ボバ(BOBA)は10億人のユーザーを想定した開発を進めています。 

ボバネットワークでは提携パートナーとしてエコシステムパートナー、マルチチェーンパートナー、ゲームパートナー、さらに投資家を募っており新しい暗号資産としては拡大に向けて貪欲な姿勢が強く見えます。特にこれまでの暗号資産プロジェクトは専門技術を持ったエンジニアだけが参加できるものが多く一般ユーザーにとっては難しいものが多く、エコシステムに参加するユーザー層を限定していました。ボバネットワークではコードを使わずにシステムに参加でき、暗号資産の専門知識がないユーザーを取り入れる動きが見て取れます。 

今後もDAOの上でプロジェクト方針の投票が行われていく予定となっており、レイヤー2で分岐した他の暗号資産との差別化や長所を取り込んで進化していくことが予想されております。 

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。