コスプレトークン(COT)ロゴ

コスプレトークン(COT)はコスプレの情報拡散に特化したSNSで利用されるERC20規格の暗号資産です。この記事ではコスプレトークン(COT)について分かりやすく解説しています。 

コスプレトークン(COT)とは? 

コスプレトークン(Cosplay Token)の基本的な情報は以下の通りです。 

発行体株式会社Cure(キュア) 
通貨名Cosplay Token(コスプレトークン) 
ティッカーCOT
発行上限1,000,000,000 COT 
規格ERC-20
ホワイトペーパーhttps://cot.curecos.com/docs/COT-Whitepaper_JP.pdf
Cosplay Token基本情報

関連サービス 

  • CureCos(キュアコス) : コスプレイヤーとそのファンを繋ぐプラットフォーム。投げ銭やNFT売買を通じてコスプレイヤーとファンを繋ぐ。2022年3月にローンチされたサービス。
  • CureCosPlus(キュアコスプラス): コスプレ情報総合ニュースサイト。CureCos(キュアコス)上のコスプレイヤーの情報配信などを行っている。 
  • World Cosplay(ワールドコスプレ) : CureCosの前身のサービス。全世界180ヵ国100万人が登録しているコスプレ共有サイト。2017年にローンチされたWebサイト。 

コスプレトークン(Cosplay Token)とはコスプレに特化したSNSであるCureCos(キュアコス)とWorldCosplay(ワールドコスプレ)で利用されるトークンです。コスプレトークン(Cosplay Token)はそのSNS上でファンとコスプレイヤーが繋がるための投げ銭として利用されています。 

Curecos(キュアコス)の詳細情報こちら

コスプレ文化 

そもそも「コスプレ」とは漫画やアニメーション、ゲームなどのキャラクターのコスチュームを用いて扮装する行為を総称して呼ぶものです。コスプレは楽しみや自己表現の一環として行われ、参加者はキャラクターになりきることでファン同士交流し、コミュニティを形成します。また、クリエイティブな要素も含まれ、衣装の製作やメイクアップの技術を磨く人もいます。昨今、コスプレは世界中でイベントが開かれるなど多くの人に受け入れられるコンテンツの1つとなっています。

コスプレ文化の経済規模

日本ではオタク文化の1つとして認識されているコスプレですが、試算では世界中で250〜500億ドルの経済規模となっています。2010年以降は毎年約15%のペースで成長しており、経済大国であるアメリカを上回る成長を遂げています。

アニメや漫画の人気は世界中で広まり続けているため、今後もコスプレ文化の拡大は続いていくでしょう。

※COTホワイトペーパーより参照(https://cot.curecos.com/docs/COT-Whitepaper_JP.pdf)

CureCos(キュアコス)とは? 

CureCos(キュアコス)は2017年にローンチしたコスプレイヤーとそのファンを繋ぐプラットフォームです。ブロックチェーン技術で作られており、コスプレイヤーやカメラマンのデジタル作品をNFT化することができます。NFT化することで、その作品がオンリーワンである事が証明でき、デジタル作品を作ったユーザーの著作権を守ることが出来ます。 

Curecos(キュアコス)の詳細情報こちら

NFT(非代替性トークン)とは?仕組みと投資方法・注意点を詳しく解説

CureCos(キュアコス)の誕生背景

CureCos(キュアコス)は世界180カ国で100万もの登録者のいるWorld Cosplay(ワールドコスプレ)を進化させる形で作られたサービスです。World Cosplay(ワールドコスプレ)は2017年のローンチ以来、プロ、アマチュア問わずに多くのコスプレイヤーに利用されてきました。その中で高品質のコスプレかつSNSマーケティングが上手いプレイヤーがファンを増やし、収益化されやすく、高品質のコスプレだがSNSマーケティングが得意でないコスプレイヤーはそうでないという問題に気付きました。 

その問題をCureCosとそこで投げ銭として利用されるコスプレトークンを利用して解決するのがプロジェクトの目的です。 

人類の歴史の中で趣味から収入を得ることに成功している方はほんの一握り。コスプレトークンのプロジェクトはコスプレ文化をブロックチェーン技術を活用して盛り上げようとする暗号資産のユースケースの代表的な1つといえるでしょう。

まとめ

すでに大きなコスプレ市場規模ですが、より大きくなるためには、コンテンツホルダーを守り、公正な収益分配の構造を作り、コスプレイヤー等が適正なインセンティブを得るのが求められています。CureCosなどで健全なコスプレ経済圏を作る事ができればコスプレトークン(COT)への期待が高まるでしょう。 

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。