ディープコイン(DEP)とは 

名称/ティッカー  DEAPcoin / DEP 
開発者  Digital Entertainment Asset Pte. Ltd. 
発行上限  30,000,000,000 DEP 
コンセンサスアルゴリズム  PoS (Proof-of-Stake) 
公式サイト  https://dea.sg/jp/ 
ホワイトペーパー  https://playmining.gitbook.io/whitepaper/ 
ディープコイン(DEP)基本情報
DEPロゴ

ディープコイン(DEP)は2020年に発行された暗号資産で、主にNFTやGameFiで用いられる暗号資産(仮想通貨)です。 

開発・運営をしているDEA社(Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.)はブロックチェーンゲームやNFT事業を展開する企業で、同社の配信するNFT、GameFiのプラットフォームで利用できる暗号資産としてディープコイン(DEP)が取引されています。 

日本人がゲーム開発に携わっていることからプラットフォームは日本向けのコンテンツが充実しており、GameFiサービスのCM放送も展開されるなどユーザー獲得に向けて活動的なプロジェクトです。 

PlayMining 

ディープコイン(DEP)は、分散型エンターテインメントプラットフォームであるPlayMiningのために作成された暗号資産です。PlayMiningではNFT化されたアイテムを所有し、トレードすることで利益を得ることができるエンターテインメントプラットフォームとして設計されています。 

一般のゲームやアプリケーションでは課金システムが浸透しており、ゲームを楽しむうえで欠かせない要素の1つとなっています。しかし、ゲームのサービス終了やデータの消失といったトラブルの際、過去に課金したアイテムも同時に失われてしまい手元には何も残らないという事もありました。PlayMining上のゲームではディープコイン(DEP)を用いて課金が可能となっており、獲得するアイテムはNFTとして収集が可能となっています。ゲームサービスの終了後もNFTはユーザーの手元に残るためコレクションアイテムとして楽しむことができます。 

もちろん人気のゲームタイトルでは希少度の高いNFTの売買も行われており、PlayMiningの参加者はPlayMinerと呼ばれゲームの冒険と探求を通じて報酬を得ることができる新しい職業とされています。 

創作の循環システム 

ブロックチェーン技術により生み出されたNFTとGameFiのシステムはユーザーだけでなく、クリエイターにもメリットのある仕組みとなっています。 

クリエイターなどの創作により収入を得る職業で問題になっているのが作品のコピーや盗用といった被害です。デジタルデータとして世に出された作品はコピーが容易で、本来クリエイターとユーザーの間で取引される適正価格より大幅に安い金額で市場に出回ってしまうことや、それによって市場全体の適正価格が引き下げられることによりクリエイターの権利が保障されていませんでした。 

PlayMiningのプラットフォームでブロックチェーン上に生成されるNFTは発行から流通に至るまですべての所有者が記録され、複製品の流通やクリエイター本人の権利が侵害されることを防止することが可能になります。自分の作品が購入されれば収入が担保されるシステムをとっているためクリエイターは安心して創作活動に専念することができ、より良い作品の創造につながる循環システムが構築されています。 

GameFiイメージ

新たな経済圏

ディープコイン(DEP)はデジタルエンターテイメントの価値を共有する新しい経済圏を作り出そうとしています。 

DEAPcoinの頭文字は発行体であるDEA社と「Platform」「Possibility」「Participant」のPから名づけられていることからDEEPではなく、DEAPという造語で表記されています。同じ発音であるDEEPからも意味をとっており、価値が世の中に深く根付く新しいインフラとしてゲームによりる新しい経済圏の創出を目標にするプロジェクトです。 

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。