FLR(フレア)ロゴ

フレア(FLR)とは

名称/ティッカー  Flare/FLR 
開発者  Flare Networks Limited 
発行上限  なし 
コンセンサスアルゴリズム  FBA(Federated Byzantine Agreement) 
公式サイト  https://ja.flare.network/ 
ホワイトペーパー  https://docs.flare.network/ 
フレア(FLR)基本情報

フレア(FLR)とは、Flare Network上で流通する暗号資産です。 

Flare Networkはエックスアールピー(XRP)を発行するRipple社から支援を受けており、エックスアールピー(XRP)をスマートコントラクト上で利用できるよう開発を進めているプロジェクトです。 

2020年に実施されたスナップショット時点でエックスアールピー(XRP)を保有していたウォレットに対し2023年エアドロップが実施された比較的新しい暗号資産となります。 

フレア(FLR)の特徴、仕組み 

フレア(FLR)はエックスアールピー(XRP)のスマートコントラクト実装以外にも、異なるブロックチェーン同士の相互運用を目標としています。 

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの異なるブロックチェーンを用いた暗号資産には相互運用性がなく、暗号資産が展開するプラットフォーム外で取引所や交換業者を利用することが一般でした。フレア(FLR)上のFlare Networkでは既存のブロックチェーンの中継を果たす交換システムを構築しており、異なるブロックチェーンに相互運用性を付与する仕組みを開発しています。 

この仕組みはただトークンの価値を等価のトークンと交換する既存の取引所と違い、異なる暗号資産同士が持っているデジタル資産とオンチェーン情報に互換性を持たせることを目的としており、ビットコイン(BTC)のチェーン上に刻まれたデータをイーサリアム(ETH)にも付与することが可能な画期的な機能として注目されています。 

F-Assets 

F-AssetsとはFlare Network上で発行されるトークンの中でもてスマートコントラクトを付随されており、DeFiやNFTといったサービス展開が可能な暗号資産の総称です。 

エックスアールピー(XRP)にスマートコントラクトを実装する計画もエックスアールピー(XRP)のF-Assets化によって実現を目指しており、ビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)といったニーズの高い暗号資産からFlare Network上での発行を予定しています。 

DeFi・NFTの分野では技術的な理由からイーサリアム(ETH)が多用されていますが、今後F-Assetsが台頭するとトークンの力関係やDeFi・NFTのプラットフォームに大きな影響を与える仕組みとなります。 

FBA(Federated Byzantine Agreement) 

フレア(FLR)のコンセンサスアルゴリズムにはFBA(Federated Byzantine Agreement)が採用されており、従来のBA(Byzantine Agreement)と比べてノードの参加が自由であり民主的な運営が可能であるという点が特徴となっています。 

ビザンチン問題

FBAの基本的な発想としては、ネットワークを適切な規模のグループに分割し、同一のノードを複数のグループに存在させることでグループを跨いだノードの決済処理が各グループに波及するという構想から開発されました。ビザンチン将軍問題に対し、FBAは各グループが伝令を出し合い意思を統合するという解によって円滑なネットワーク運営を可能としています。 

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。