モナコイン(Monacoin / MONA)とは

名称/ティッカー MonaCoin/MONA
開発者 Mr. Watanabe
発行上限 105,120,000MONA
コンセンサスアルゴリズム Lyra2RE (v2)
公式サイト https://monacoin.org/
ホワイトペーパー https://monacoin.org/#about

モナコインは、日本で生まれたはじめての暗号資産(仮想通貨)です。2013年12月末、日本の掲示板サイト「2ちゃんねる」のソフトウェア板でワタナベ氏によって開発され、2014年に公開されました。

モナコインの名前の由来は、アスキーアートのキャラクター「モナー」からきており、モナコインのロゴにも「モナー」の絵が描かれています。

モナコインの技術的特徴

モナコインは、ライトコインをベースに作られているため、基本的にはビットコインやライトコインと同じ機能を持っています。異なる点としては、最大発行枚数がビットコインに比べて1億512万枚と多いことと、取引スピードが速いことが挙げられます。ビットコインの承認時間(ブロック生成時間)が10分おきなのに対し、ライトコインは約2.5分、モナコインは約1分半に設定されています。

これらの特徴は、モナコインが「投げ銭」や「チップ」などの使い方を想定していたことに起因しています。

コミュニティで使われる通貨

モナコインは主に日本人のコミュニティ内で使われています。オタク文化を代表とする日本最大のイベント「コミックマーケット」の決済や、インターネットの優れたイラストや動画に対する「投げ銭」などに使われ、根強いコミュニティによって支えられています。

秋葉原には、モナコインでの支払いに対応したメイドカフェやPCショップがあります。Ask Mona(https://web3.askmona.org/)という掲示板サイトでは、モナコインの投げ銭機能が備わっており、ユーザー同士でモナコインを送りあうことができます。

「モナコインが普及すれば面白い」という事でユーザー個人が約130万円を使って秋葉原の街頭ビジョンにPR動画を掲載したこともありました。

長野県の山奥には有志が資材を持ち寄って建立した「モナコイン神社」も存在します。定期的にコミュニティがオフ会を開催し、階段の設置、防雪、草刈りを行いながら管理を行っています。

Monacoin Project

モナコインは国産暗号資産の中で最も流通している銘柄ですが、保有者の約90%は国内のユーザーとなっており開発展開も国内向けとなっています。開発を担っている「Monacoin Project」は暗号資産の開発チームとしては珍しく、コイン公開時点での自己割り当てを行っていないチームです。開発者もユーザーと同じ条件で通貨の入手を行うことで公平性を保っています。

「Monappy」のモナコイン盗難事件

2018年9月1日、モナコインのウォレット兼SNSサービス「Monappy」のモナコイン(約1,500万円分)が不正に騙しとられる事件が発生しました。

Monappyを運営するIndieSquareは、サービス停止時点でのユーザーのウォレット残高を全額補償することを公表していますが、現在もサービスは停止しており、再開日時のアナウンスはありません。

Monappyは、モナコインを入出金することができるウォレットサービスで、メッセージの送受信やゲーム配信など、モナコインの決済を楽しめるサービスです。モナコインのコミュニティにおける中心的なサービスだったこともあり、サービスの再開が待ち望まれています。

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。