ポルカドットとは 

名称/ティッカー Polkadot/DOT 
開発者 Web3 Foundation 
発行上限 1,070,000,000 DOT 
コンセンサスアルゴリズム NPoS 
公式サイト https://polkadot.network/ 
ホワイトペーパー https://polkadot.network/whitepaper/ 

ポルカドット(DOT)は、イーサリアムの共同創設者でイーサリアム財団(Ethereum Foundation)の元CTOであるGavin Wood氏らが率いるWeb3 Foundationが考案したエコシステム「ポルカドット」で利用される暗号資産です。ポルカドットは異なる複数のブロックチェーン同士を1つのネットワークに接続することができるブロックチェーンプロトコルで、「Web3.0」の実現を目指すプロジェクトです。 

ネットワークに参加するブロックチェーンの相互運用性(インターオペラビリティ)とセキュリティ共有、スケーラビリティの向上を目指すプロジェクトで、ポルカドット(DOT)の保有者は、ポルカドットのエコシステム上でネットワークガバナンスやネットワーク料金など、投票プロセスを通じて、仕様変更に対する意思表示ができます。 

ポルカドット(DOT)の仕組み

Polkadotロゴ

ポルカドット(DOT)は独自の技術を多く搭載しており、独自のプラットフォームの中心となっています。 

中でも暗号資産の基盤といえるコンセンサスアルゴリズムにNPoS(Nominated Proof of Stake)と呼ばれる効率的な形式を開発、採用しています。イーサリアム(ETH)などに採用されている従来のPoS(Proof of Stake)にはステーキング業者と呼ばれる仲介業者が介在していました。これらの暗号資産は大勢の個人が少量の暗号資産でノード運営に参加してしまうとシステムの効率性を損なうため一定量の数量を最小単位として定めています。そのため個人でのノード運営が難しく、第三者に暗号資産を貸し出し間接的にノード運営に参加するのが一般的となっています。ポルカドット(DOT)に採用されているNPoSはバリデータの選別が可能となっており、悪意のある仲介業者や、大量の暗号資産を保有する利己的なユーザーの参加を難しくすることができます。 

このNPoSは開発チームが特許を取得しており、今後予想されている富裕層への富の一極化を防止するのではないかと期待されています。 

サブストレート 

ポルカドットはサブストレート(Substrate)と呼ばれるブロックチェーンを開発するためのオープンソースのフレームワークを提供しています。 

通常、ブロックチェーンは、複数のプログラミング言語からの開発や、「フォーク」によって分岐することでアップデートしています。ブロックチェーンを1から開発することは難易度が高く、それ相応のコストもかかると言われています。そこで、サブストレート(Substrate)は「ブロックチェーンの基本」となる設計図を提供することで、ブロックチェーンを1から設計せず新規のチェーン開発を可能にしました。開発者はユースケースに最適な独自のカスタマイズされたブロックチェーンを低コストで開発することが可能です。また、サブストレートで開発されたブロックチェーンは、ポルカドットと互換性があり、容易にポルカドットに接続することができます。 

サブストレート(Substrate)をもとに、ポルカドットのスマートコントラクト・ハブ、パラチェーン接続を目指した日本発のブロックチェーンプロジェクトとしてAstar Networkが立ち上げられました。Polkadotのパラチェーンとして接続できるブロックチェーンは合計100個で、Astar NetworkはPolkadotのパラチェーンを世界で3番目に獲得しました。Astar Networkはポルカドットのネットワークを活用してマルチチェーンに稼働するブロックチェーンです。イーサリアムなど他のブロックチェーンがポルカドットに接続するための橋渡しの役割も担っています。今後も新たなパラチェーンの稼働開始に伴い、今後のユーザーの増加も期待できるかもしれません。

ポルカドット(DOT)の将来性 

現在、多くの企業や団体が、ポルカドットのエコシステムに関連するプロジェクトを開発しており日本国内でもパラチェーンの開発が盛んなプロジェクトです。今後も、多くのポルカドットエコシステムに関連するプロジェクトが立ち上げられ、同様の取組みが行われる可能性も十分に考えられます。 
「Web3.0」が実現したとき、目的に応じたチェーンの開発が可能なポルカドット(DOT)の真価は発揮されるでしょう。 

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。