シバイヌ(SHIB)とは  

シバイヌ(SHIB)の基本的な情報は以下の通りです。 

名称/ティッカー Shiba Inu/SHIB 
開発者Ryoshi
発行上限1,000,000,000,000,000 SHIB
コンセンサスアルゴリズムPoS (Proof of Stake)
公式サイトhttps://www.shibatoken.com/ 
ホワイトペーパーhttps://docs.shibatoken.com/
SHIB基本情報

シバイヌ(SHIB)は「Ryoshi」と名乗る匿名の開発者によってホワイトペーパー(WOOF PAPER)が公表された暗号資産です。 

2020年にイーサリアムチェーンの規格であるERC20を用いて作られています。ERC20規格のため、拡張性・汎用性に優れている点からコミュニティ内での開発が盛んなプロジェクトとなっています。ミームコインでありながらも独自のエコシステムを拡張させており、コミュニティからの人気と開発の期待感から時価総額上位をキープしている暗号資産です。 

Ryoshi

匿名の開発者Ryoshi氏はシバイヌ(SHIB)ローンチの翌年2021年にブログ記事「I AM RYOSHI」を投稿して以降Twitterの投稿を削除し、公の場での発信を絶っています。 

ブログ内では 

”私は最初から言っていますが、私は誰でもなく、重要な人物でもありません。たとえ成功したとしても、私の「アイデンティティ」を明らかにする努力は面白くないでしょう。私はキーボードをタップしても何の影響も及ぼさない代替可能な人物、Ryoshiです。 

と記されており、自身の影響力がシバイヌ(SHIB)の開発や価値に反映されるのを嫌っていたのではないかといわれています。 

Ryoshi氏のTwitter投稿は削除されていますが、現在もアカウントは残っているため今後何かしらの動きがあった際は大きなニュースとなるでしょう。 

Shibaswap

シバイヌ(SHIB)には熱狂的なファンが存在しRyoshi氏が去った後も開発が進められています。

その中の1つがDEX(分散型取引所)のShibaswapです。

Shibaswap上ではシバイヌ(SHIB)、ドージキラー(LEASH)、ボーンシバスワップ(BONE)といったプロジェクト内で利用するトークンが取り扱われています。

Shibaswap内ではこれらの通貨のスワップやステーキングを行うことが可能でミームコインとして誕生しながら独自のエコシステムを構築しています。

SHIB THE METAVERSE

シバイヌ(SHIB)のエコシステムは一般的な暗号資産の規模を超えつつあり、シバイヌ(SHIB)開発チームが単独で独自のメタバース空間の開発を進めています。

SHIB THE METAVERSE

開発チームは2023年末までにメタバース空間を一般ユーザーに開放できるよう計画しており、空間内の土地の売買や建物の建設、所有者による地形の変更も可能となる予定です。 

過去にもメタバース空間を開発したプロジェクトは様々ありますが、SHIB THE METAVERSEが成功すれば最大規模のプロジェクトとなることが予想されます。 

Shibarium

Shibariumとはシバイヌ(SHIB)のレイヤー2ネットワークとして開発されているプロジェクトです。

シバイヌ(SHIB)はイーサリアムチェーン上に展開されていることからスケーラビリティ問題によるガス代の高騰やトランザクションの低速化が課題になっています。

Shibariumはイーサリアムチェーンのセキュリティ性を保ち、Shibaswap内で流通するボーンシバスワップ(BONE)をガス代として用いることで高速で安価なトランザクションを可能とする計画です。

シバスワップ
<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。