ステーキングとは

暗号資産の急速な普及に伴い、新たな投資や収益の機会が生まれました。その中でも、ステーキングは注目を集めています。ステーキングは、所有している暗号資産を分散型ネットワークに提供することで、ネットワークの運営やセキュリティを支え、その対価として報酬を受け取る仕組みです。本記事では、暗号資産のステーキングについて詳しく解説し、そのメリットやリスク、ステーキングのプロセスについて説明します。

稼ぐイメージ

ステーキングの仕組み

ステーキングとはもともとPoS(Proof of Stake)というアルゴリズムで承認作業を行う暗号資産のために作られた仕組みです。PoSとはトークンの保有量に応じて取引の承認を行うアルゴリズムのことで、イーサリアム(ETH)などの通貨で広く使われています。

ユーザーがトークンを用いて承認作業を行うにはノードの運営を行うか、ノード運営者へトークンを貸し出すかの2択となっています。自身でノード運営を行う場合でもPoSの名前の通り、ステーキングと呼ばれ、ノード運営者への貸し出しも転じてステーキングと呼ばれています。

通貨やプラットフォームによってはPoSではない通貨であっても取引所の流動性確保のために募集が行われたり、ステーキング業者と呼ばれるステークされた資金を用いて運用を行い利回りの提供を行う場合もあります。

ステーキングとレンディングの違い

ステーキングとよく似たサービスに「レンディング」と呼ばれるサービスがあり、国内の取引所でも「貸暗号資産」などの名称で提供されています。
レンディングとステーキングの違いについて見ていきましょう。
ここではノード運営によるステーキングを例として紹介します。

ステークされた資産は、ブロックの生成やトランザクションの検証に用いられ、コンセンサスアルゴリズムにとってはなくてはならない存在となります。

ステーキングによってネットワークからユーザーへ報酬が支払われます。報酬は、ステークしている資産の量やステーキング期間に基づいて計算され、一般的には定期的に受け取ることができます。

しかし、ステーキングにはステーキング報酬と引き換えにいくつかのリスクが存在します。ネットワークへの攻撃やハッカーによるウォレットの不正操作により、ステークした資産が危険にさらされる可能性があります。更にステーキングでは、ステークした資産を一定期間ロックアップする必要がある場合があります。ロックアップ期間中は、資産を自由に使用できないため、売買タイミングを逃す可能性もあります。

一方レンディングは、暗号資産を借り手に貸し出すことで収益を得る方法です。借り手は一定の利息を支払い、定められた期間後に元本を返済します。
レンディングは一般的にサービス開始時に募集条件で利回りが確定しているものが主となっています。ノードへのステーキングではネットワークの状況により利回りが変動するため、事前に確定した条件で参加できるというメリットがあります。

しかし、高利回りを謳うレンディング業者には悪質な業者も存在しており、海外では一時期問題となりました。国内でレンディング業者として募集を行うには金融庁のライセンスが必要となるので信頼できる業者を選んで利用しましょう。

 ステーキングレンディング
仕組みブロック生成の承認作業への報酬トークンの貸し出しに対しての対価
注意点ネットワークの状況により想定した報酬が得られない・失う可能性がある貸し出し時に設定された期間は引き出すことができない(手数料がかかる)

以上が、レンディングとステーキングの主な違いです。ユーザーは自身の目的やリスク許容度に基づいて適切なサービスを利用する必要があります。

ステーキングイメージ

取引所を利用するメリット

ステーキングは多くの暗号資産で用いられており、国や地域で制限がかけられるものではありません。しかし、ブロック生成の承認作業を行う(バリデータになる)には技術的・資金的な現実的なハードルがあります。

暗号資産の取引所でもステーキング・レンディング(貸暗号資産)のサービスを提供している場合が多く、上記で述べた金融庁のライセンスについても取得しているため安心して利用可能となっています。

取引所で購入後、別のウォレットへ送金する手間や手数料も省略できることからサービス内容次第では自己でステーキングするよりも良い条件になるかもしれません。

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。