インターネットの進化は私たちの生活に大きな変革をもたらしました。
その中でも最新の技術である「Web3」は、既存の技術やシステムにとって新たな時代を切り開くものです。
本記事では、Web3の基本的な概念とその利点、将来の可能性について探っていきます。

Web3とは

Web3は、分散型ウェブ(Decentralized Web)の最新の形態といえます。

従来のウェブは、中央集権化されたサーバーとクライアントのモデルに基づいていましたが、Web3はこのモデルを進化させ、データとアプリケーションを分散化させることでセキュリティ・プライバシー・耐障害性を向上させています。

この「分散化」という概念と実用化への技術は暗号資産を形成するブロックチェーンのP2P(Peer to Peer)ネットワークを用いて実現されています。

Web3イメージ1

Web3の利点

Web3の利点は多岐にわたりますが、ここではユーザー視点でのメリットを大きく2つ挙げていきます。

第一に、セキュリティとプライバシーが強化されており、従来のウェブでは個人情報のデータは中央集権化されたサーバーに保管され、ユーザーの制御を超えた第三者による不正のリスクがありました。
しかし、Web3ではデータが分散化され、ブロックチェーンの暗号化技術によって保護されるため、ユーザーは自身のデータを自身でコントロールすることが可能になります。

第二に、Web3は耐障害性が高いという利点があります。

従来のウェブでは、中央集権化されたサーバーの障害や攻撃によってサービスが停止する可能性がありましたが、Web3ではデータが分散して保存されるためシステム全体の耐障害性が向上しています。1つのノードで障害が発生したとしても他のノードによるデータの供給が可能なため、サービスの提供をストップさせることなく維持することが可能です。

Web3イメージ2

Web3の将来性・可能性

Web3は、将来のウェブの発展において重要な役割を果たすことが期待されています。
ここではWeb3が普及するとどのようなメリットが考えられるのかについて3つの例を記載していきます。

・情報の個人所有化

Web3ではデータの所有権とコントロール権をユーザーが個別に持つことが可能です。現在のウェブでは中央集権化されたウェブサービスを展開する大企業がユーザーの収集し利益を上げる一方で、ユーザーはそのデータの利用や共有に対して制限を受けることがありました。

Web3ではユーザーが自身のデータを所有することにより、従来のウェブサービスを展開していた大企業の利益がユーザーに分配される可能性や、全く新しい公正なエコシステムが構築されるかもしれません。

・ビジネスモデルの創造

次に、Web3はオンラインプラットフォームやアプリケーションの新たなビジネスモデルの誕生を促進するということも考えられています。

分散型のネットワークとスマートコントラクト技術を組み合わせることで、P2Pの取引や新しい形態のビジネスモデルが誕生するかもしれません。中間業者の存在を排除するP2Pのシステムは、透明性や手数料の点でもユーザー間にとってメリットのある変化といえるでしょう。

・情報の信頼性

また、Web3は情報の信頼性と透明性を向上させる可能性があります。フェイクニュースや情報の改ざんがたびたび問題になる現代社会において、ブロックチェーン技術の応用により情報のトレーサビリティや信頼性の確保が可能になります。

地政学的な問題でインターネット上の検閲や情報統制が行われている国や地域では、Web3の普及により政府や権力の介入から解放される可能性も持っています。

Web3イメージ3

ウェブの新たな時代

インターネット上のサービスやインフラは私たちの生活になくてはならないものとなりました。Web3は既存のシステムに革新を起こす技術といえます。
セキュリティとプライバシーの強化、耐障害性の向上、データ所有権の分散化など数多くの利点をもたらします。
さらに新たなビジネスモデルや情報の信頼性の向上といった将来の可能性も大いに期待されています。
Web3の普及により、より公正で包括的なデジタル社会の実現に向けた取り組みが進められるでしょう。

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。