暗号資産(仮想通貨)はセキュリティのために公開鍵方式を採用しています。公開鍵方式で必要になのが秘密鍵と公開鍵になります。本記事では秘密鍵と公開鍵を説明する記事になっています。 

秘密鍵とは 

暗号資産を保有している事を証明するパスワードのようなもので、英数字からなる文字列です。別名「プライベートキー」とも呼ばれます。銀行預金における暗証番号のような役割を担っていると例えられます。 

暗号資産の管理や送金にはこの「秘密鍵」と秘密鍵から生成された公開鍵が利用されています。 

秘密鍵の注意点 

秘密鍵は正しく保管・利用することで暗号資産の管理や送付を安全に行うことができます。しかし、秘密鍵を第三者に知られてしまうと、所有している暗号資産にアクセスされ自由に操作・送付されてしまう可能性があるため、厳重に保管しなければなりません。また、秘密鍵を紛失した場合にも、ご自身が所有している暗号資産にアクセスすることが不可能となり、送金できなくなります。 

公開鍵とは

公開鍵とは、第三者に公開する鍵のことで、銀行預金における口座番号のような役割を担っています。公開鍵は秘密鍵を基に作成され、「秘密鍵」の対になる役割を担っています。しかし、公開鍵から秘密鍵を特定することは不可能であり、高い秘匿性を有しています。 

公開鍵の用途 

公開鍵は通信を暗号化する際などに用いられます。取引において、第三者に公開鍵を送信することで、相手方が公開鍵を使って情報を暗号化し、暗号化された情報は送信者の所有する秘密鍵でしか復号はできません。 

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。