ビットコインSV(BSV)とは 

名称/ティッカー BitcoinSV / BSV 
開発者 Bitcoin Association 
発行上限 21,000,000BSV 
コンセンサスアルゴリズム PoW(Proof of Work) 
公式サイト https://www.bitcoinsv.com/ 
ホワイトペーパー https://craigwright.net/bitcoin-white-paper.pdf 
ビットコインSV(BSV)基本情報

ビットコインSV(BSV)はビットコインキャッシュ(BCH)から派生した暗号資産で、ビットコイン(BTC)の生みの親であるサトシ・ナカモトのオリジナルホワイトペーパーを遵守する団体によって維持されています。 

2018年に行われたビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークによって誕生しており、ビットコインキャッシュ(BCH)の抱えていたスケーラビリティ問題を解決するという目的のために取引の処理速度を大幅に向上させた構成をとっています。 

ビットコインの孫

ビットコインSV(BSV)はビットコインキャッシュ(BCH)から生まれたトークンですが、ビットコインキャッシュ(BCH)も元はビットコイン(BTC)のハードフォークによって生成された暗号資産でした。 

ビットコイン(BTC)のブロックサイズは1MBとなっており、保有できるデータが少ないことで処理が追い付かずにスケーラビリティ問題が発生していました。ビットコイン(BTC)の問題解決のために2017年にハードフォークが実施され、ブロックサイズを8MBまで大きくしたビットコインキャッシュ(BCH)が生まれました。さらにビットコインキャッシュ(BCH)にもスケーラビリティ問題が噴出したことにより4000MBのブロック容量を持つビットコインSV(BSV)がハードフォークを経て生成されたました。 

コインイメージ

ビットコインキャッシュ(BCH)との対立

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークの際、ブロック容量の改善だけでなくビットコインSV(BSV)の支持者によるガバナンスに対しての対立もありました。 

ビットコインSV(BSV)の支持者はサトシ・ナカモトが作ったビットコイン(BTC)のホワイトペーパーを尊重しており、ビットコインキャッシュ(BCH)のガバナンス方針に反対しています。ビットコインキャッシュ(BCH)は、イーサリアム(ETH)をはじめとするアルトコインの開発方針の流れに追随しており新しい技術を積極的に取り入れる動きをとっています。ビットコイン原理主義のポジションをとる人々はビットコインキャッシュ(BCH)の方針に反対しており、ハードフォークによるスケーラビリティ問題の解決と同時にビットコイン(BTC)の基本方針に立ち返ろうとビットコインSV(BSV)を支持しました。 

今後もビットコインSV(BSV)はビットコイン(BTC)の基本を踏襲していく方針で、シンプルな機能を守る暗号資産としてシェアを広げています。 

Craig Wright 

オーストラリアの起業家であるCraig Wright氏は自身をサトシ・ナカモトであると主張しています。フィンテック企業の創業者である彼はビットコインSV(BSV)の開発・運営を行うBitcoin Associationとも強い繋がりがあり、SNSなどのツール上でビットコインSV(BSV)のロビー活動を行っています。 

彼自身がサトシ・ナカモトだという主張に対しては様々な意見がありますが、過去にCraig Wright氏が主張を発表した時には自宅、関連会社に対して警察と税務署の家宅捜索が行われた過去もあります。開発者であるサトシ・ナカモトが保有するウォレットには確認されているだけでも1,100,000BTCが保存されており、Craig Wrightが本当にサトシ・ナカモトであれば脱税の容疑者として起訴されていた出来事でした。 

コイン

また、イーサリアム(ETH)の開発者であるVitalik Buterin氏をはじめとした暗号資産関係者が彼を詐欺師だと主張したことにより名誉棄損で起訴するニュースやビットコインの著作権をめぐる裁判ではCraig Wright氏の主張は退けられているという状況があります。 

Craig Wright氏と強い繋がりがあることでビットコインSV(BSV)に対しても大きな影響があるため、今後の動向が気になる人物の1人となっています。 

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。