フォビトークン(HT)とはHuobi Globalが発行した暗号資産で2018年1月に公開されました。総発行枚数は5億枚で、全て発行済みになっており追加発行されることはありません。フォビトークンの機能としては送金、決済、取引、取引手数料の割引、ガバナンスがあります。

また、フォビトークンは焼却プログラムを行っており徐々に希少性が高まることになります。

取引所トークン

フォビトークン(HT)は一般に取引所トークンと呼ばれるジャンルの暗号資産です。

暗号資産交換業者が独自に発行しており、交換業者独自の経済圏を構築しています。ビットコイン(BTC)をはじめとした一般的な暗号資産と違い、交換業者が発行・管理を行っているため中央集権的な側面を持っています。

国内の暗号資産取引所では自身が発行体となって通貨の運営をするのが難しい現状ですが、海外取引所ではトークンの発行が一般的に行われており利用者はトークンの保有により各プラットフォーム上でサービスを受けることができます。

フォビトークン(HT)のメリット

フォビトークン(HT)はHuobi Globalが発行する取引所トークンとなっているので主にHuobi Globalのプラットフォームで利用されます。送金や決済、取引は他の暗号資産と同じ働きをしますが、ガバナンスの投票権を得ることができる点がフォビトークン(HT)の大きなメリットになります。

取引所におけるガバナンスとはサービス運営の投票権を指し、新規上場銘柄の選定やフォビトークン(HT)の焼却プランの管理を利用者が選択することができます。新規上場銘柄の選定では投票した銘柄が上場した際に該当銘柄をエアドロップとして報酬を得ることができます。今後も取引所運営の経営にかかわる面でも投票権の付与が構想されており広義での証券トークンに近いものといわれている面もあります。

現状、この投票制度はプラットフォームでの貢献度が高い利用者の声をサービスに活かすことができ、サービスの進化で大きな役割を果たしています。

焼却プログラム

フォビトークン(HT)は既に発行上限に達しており焼却プログラムによって価値の調整を図っています。焼却プログラムとは発行体であるHuobi Globalが毎月取引所収益の20%を使って市場から買い戻す仕組みのことです。買い戻されたフォビトークン(HT)はBarn(焼却)されることで全体の流通量を定期的に減らしていき流動性を確保しています。

現実世界での活用

フォビトークン(HT)は取引所内だけではなく、実生活での決済に利用されたこともあります。2021年に期間限定とはなりますが東京六本木の焼肉店で決済に利用された経験があります。国内で暗号資産決済が浸透しない中で取引所トークンであるフォビトークン(HT)の実証実験が行われたことは今後の利用の幅を広げるイベントでした。

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。