DOGEとは

ドージコイン(DOGE)とは

ドージコイン(DOGE)の基本的な情報は以下の通りです。 

名称/ティッカー Dogecoin/DOGE
開発者Billy Markus/ Jackson Palmer
発行上限なし
コンセンサスアルゴリズムPoW (Proof of Work)
公式サイトhttps://dogecoin.com/
ホワイトペーパーhttps://github.com/dogecoin/dogecoin/blob/master/README.md

ドージコイン(DOGE)はアメリカの匿名掲示板4chanで誕生した、ミームコインと呼ばれる類の暗号資産(仮想通貨)です。Billy Markus氏とJackson Palmer氏によって考案されたドージコイン(DOGE)は、ライトコイン(LTC)の技術を基にして設計されており、PoW(Proof of Power)によって取引の承認や新規発行が行われています。

2013年に通貨の発行が開始されており、暗号資産(仮想通貨)の中でも比較的クラシックな銘柄といえます。ミームコインと分類される銘柄は数百~数千銘柄が発行されており、暗号資産(仮想通貨)全体の中でも一定の人気を集めるジャンルとなっていますが、ミームコインとして最初に発行された銘柄であるドージコイン(DOGE)は、知名度や時価総額の面でも格別な人気を集める暗号資産(仮想通貨)です。

DOGE Coin

ドージコイン(DOGE)の特徴

ドージコイン(DOGE)最大の特徴は、ミームコインというジャンルを作り出した暗号資産(仮想通貨)であるという点です。

ドージコイン(DOGE)が発行された2013年は、「次のビットコイン(BTC)になる」を目的に様々な暗号資産(仮想通貨)が発行されていましたが、技術的な問題や、暗号資産(仮想通貨)自体の知名度の低さから差別化が難しい時期でした。その中でBilly Markus氏とJackson Palmer氏は、暗号資産(仮想通貨)業界に対する風刺のためにジョーク銘柄として、当時ネット掲示板で人気のあった犬のアイコンを使ったドージコイン(DOGE)を開発しました。

初期のドージコイン(DOGE)はSNSや、コミュニティ内の投げ銭として利用される程度の認知度でしたが、数年の間に時価総額上位の主要暗号資産(仮想通貨)銘柄の1つとなっています。

ドージコイン(DOGE)の仕組み

ドージコイン(DOGE)はライトコイン(LTC)に使われている技術を基に開発されており、コンセンサスアルゴリズムにPoW(Proof of Work)が搭載されています。
同じくPoWを搭載したビットコイン(BTC)や、ライトコイン(LTC)よりも大幅にブロック生成時間が短くなっており、高速・低コストで利用することが可能です。

また、PoWで発行されるドージコイン(DOGE)に発行上限は設定されておらず、2024年4月時点で1,400億DOGE以上が発行されています。今後も新しいドージコイン(DOGE)が発行され続けることから、インフレによる1DOGE当たりの価値が目減りする可能性があるというリスクがあります。

ミームコインの役割

ミームコインとは、インターネットで使われるミーム(ジョーク)を暗号資産(仮想通貨)の名前やアイコンにしている銘柄を広く指します。基本的には冗談やコミュニティ内での通貨として作られた暗号資産(仮想通貨)のため、多くの銘柄は実用的な役割や目的を持っていません。しかし、ミームコインの親しみやすさや、コミュニティの象徴として機能する一部のミームコインは時として、ビットコイン(BTC)や、イーサリアム(ETH)といった主要な暗号資産(仮想通貨)よりも人気や注目を集めることがあります。

ミームコインは技術的な価値よりもコミュニティのコンセプトに比重を置くため、今後新しい技術を搭載した暗号資産(仮想通貨)が登場しても競合相手になりにくい点などは、コレクションとして暗号資産(仮想通貨)を保有することに適した特徴といえます。

暗号資産(仮想通貨)の「魔界コイン」とは?特徴と購入の際の注意点を解説!

かぼすちゃん

かぼすちゃん

ドージコイン(DOGE)のアイコンには柴犬のイラストが採用されています。イラストにはモデルになった犬が存在しており、日本の千葉県で飼われている「かぼす」を基にしたとされています。

かぼすちゃんは保護犬として殺処分前にボランティア団体が助け出した柴犬で、当時の丸顔から柑橘のカボスにちなんで「かぼす」という名前がつけられました。その後、現在の飼い主の元で飼育されることとなり、飼い主が2009年から開始したブログに掲載したところ、海外からの人気が沸騰し、翌年以降には英語圏のネット掲示板を中心に、インターネットミーム「DOGE」として認知されるようになりました。

ドージコイン(DOGE)のアイコンになってからは、世界一有名になった犬としてストックホルムの地下鉄や、海外メーカーのお菓子、ウクライナの広報、X(当時Twitter)のアイコンとしてもキャラクター化され世界中で愛されています。

世界一有名なネットミーム柴犬「かぼすちゃん」人気の理由と魅力を紹介

ドージコイン(DOGE)の価格情報

       

ドージコイン(DOGE)
リアルタイム価格

ドージコイン(DOGE)チャート

ドージコイン(DOGE)の将来性

ミームコインの代表的な銘柄として人気を集めるドージコイン(DOGE)ですが、今後どのような将来が考えられるでしょうか?

コミュニティの活動

ドージコイン(DOGE)には、大小さまざまなコミュニティが複数存在しています。なかでも非営利団体のDogecoin Foundation(ドージコイン財団)は、ドージコイン(DOGE)開発者の1人である、Billy Markus氏が中心となって設立されており、『Do Only Good Everyday(毎日良いことだけをする)』というスローガンを掲げて活動しています。
Dogecoin Foundationでは、技術的な価値やエコシステムの開発よりも、ユーザー同士の交流や協力を重視しており、ドージコイン(DOGE)を使った詐欺防止のための活動や開発のサポートを行っています。

また、Dogecoin Foundationではチャリティやボランティアといった慈善活動にも積極的で、ドージコイン(DOGE)の社会的イメージ向上に貢献しています。
今後もコミュニティの活動によりドージコイン(DOGE)の認知が広がることで、将来的には実用的な活用の幅が広がるかもしれません。

イーロンマスクの影響力

ドージコイン(DOGE)にとってElon Musk氏は非常に大きな影響力を持った人物といえます。2020年頃から、自身のX(当時Twitter)上にドージコイン(DOGE)についての投稿や、それを連想させる発言を何度も繰り返しており、自身が経営する電気自動車メーカーのTesla社では、ドージコイン(DOGE)による決済を開始する発表するなど、ドージコイン(DOGE)の価格に大きな影響を与えました。

その一方でElon Musk氏は、ドージコイン(DOGE)の価格操縦をしたとして、アメリカの暗号資産(仮想通貨)投資家から多数の訴訟を受けています。訴訟の結果によっては、ドージコイン(DOGE)にも影響を与える可能性があります。

決済手段としての普及

ドージコイン(DOGE)は決済手段としての活用が期待されています。
特にElon Musk氏が株主を務めるX社は、現在アメリカでの暗号資産(仮想通貨)取扱いのライセンス取得に動いており、今後X社のプラットフォーム内で暗号資産(仮想通貨)による決済機能が追加される可能性があります。実際に暗号資産(仮想通貨)決済機能が実装された場合、ドージコイン(DOGE)が決済銘柄として利用されることも考えられ、決済手段としての需要が急激に広がることになります。

インフレの懸念

ドージコイン(DOGE)には発行上限が設定されていないため、ブロックが生成されるごとに新しいドージコイン(DOGE)が発行され続けます。市場に流通するドージコイン(DOGE)が増加することで、1DOGE当たりの価値が希釈されることが懸念されます。
一般的に発行上限が設定されていない暗号資産(仮想通貨)はインフレが発生する傾向にあり、徐々に1通貨単位ごとの価値が目減りしていきます。

開発チームの今後の方針によっては発行上限が新たに設定される、もしくはインフレ防止機能が搭載されることもあるので長期投資を行う際には動向を見る必要があります。

ドージコイン(DOGE)に関するQ&A

ここではドージコイン(DOGE)を利用する際や、これから投資を行う際に気になる点をQ&A方式で紹介していきます。

ドージコイン(DOGE)は危ないですか?

ドージコイン(DOGE)は比較的値動きの大きな暗号資産(仮想通貨)銘柄です。影響力の大きな経済指標や、暗号資産(仮想通貨)の市況によっては大きな損失が発生する可能性もありますが、逆に指標や市況を適切に分析することで利益が発生する可能性もあります。

ドージコイン(DOGE)は値上がりしますか?

ドージコイン(DOGE)には価値の裏付けがないため、正確に将来の価格を予想することは難しいです。
過去にはElon Musk氏の発言や、ミームコインのブームによって急激な価格上昇を見せているため、今後の価格にも注視が必要です。

ドージコイン(DOGE)とシバイヌ(SHIB)の関係は?

シバイヌ(SHIB)はドージコイン(DOGE)をモチーフにして2020年7月に開発されました。
どちらもミームコインの代表的な銘柄として絶大な知名度を誇っており、柴犬のイラストをアイコンにしているという共通点があります。

ドージコイン(DOGE)の将来性は?

現在のドージコイン(DOGE)には、固有のエコシステムが存在しないため、暗号資産(仮想通貨)としての用途は限定されていますが、ミームコイン全体の流れとしてDEXを中心としたエコシステムの開発が盛んになっています。
他のミームコインのように、ドージコイン(DOGE)固有のDEXが開発された場合、取引量の増加や決済手段としての需要の広がりが予想されます。

ドージコイン(DOGE)を買うには?

ドージコイン(DOGE)の買い方は、暗号資産交換所で購入するのが一般的です。中には、ドージコイン(DOGE)を取扱っていない業者もあるため、各交換所の取扱銘柄を確認することが必要です。

BitTradeでは、24時間365日(メンテナンス時間を除く)、ドージコイン(DOGE)を取引手数料無料で購入することが可能です。

<注意事項・免責事項>
※本ページは、情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘または推奨を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
※本ページにおける取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツは一般的な情報提供を目的に作成されています。また、当コンテンツはあくまでもお客様の私的利用のみのために当社が提供しているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。
※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。